FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ランキング~1999年

  • 2008/01/20(日) 21:49:49

1999年国内劇場公開作品を対象とした、勝手に映画ランキングTOP10。
(2000年当時作成。鑑賞済本数も当時のものがベース。コメントは当時のものから一部更新。)

1999年 ベスト10  
[対象内鑑賞数:61本]


 1位 『ライフ・イズ・ビューティフル』 (イタリア)
ライフイズビューティフル

とにかく泣いた。『ニュー・シネマ・パラダイス』に心打たれた者なら誰しも待ち望んだイタリアン・ヒューマン・ドラマの傑作。子を持つ親は、こうあるべきなんでしょうね。



 2位 『運動靴と赤い金魚』 (イラン)
運動靴と赤い金魚

ひたすらシンプル、ひたすら純粋。キアロスタミ、マフマルバフに次ぐイランの映像作家誕生にモントリオール他世界を沸かした珠玉の感動作。これぞ映画。

 3位 『黒猫、白猫』 (ユーゴスラビア)
黒猫白猫

クストリッツァの真骨頂と言うべきロマの人生賛歌で酔いしれる幸福感は数年に1度の貴重なひととき。

 4位 『ワンダフル・ライフ』 (日本)
映像の透明感とストーリーが素晴らしく、こんな邦画があったとはかなり驚き。是枝ファンになりました。

 5位 『アイズ・ワイド・シャット』 (アメリカ)
本質をスッパ抜く爽快感と完璧主義は健在。残念ながら遺作なってしまった本作だが銀幕で観れたことに感謝。不世出の天才に合掌・・・。

 6位 『ノッティングヒルの恋人』 (アメリカ)
鑑賞後の満足度は保証つき。中身よし興行よしの完璧なラブコメ。

 7位 『マトリックス』 (アメリカ)
斬新といえば99年はこの上なし。あの思想を映像化した兄弟監督の手腕に脱帽。映像表現の新たな歴史が刻まれた瞬間だった。

 8位 『シン・レッド・ライン』 (アメリカ)
自然美と戦争の狂気との対比が、結局は自然の一部たる人間の心に鋭く突き刺さってしまった。

 9位 『ラン・ローラ・ラン』 (ドイツ)
音楽と映像の融合、人類愛・パラドックスの映像化等『マトリックス』に継ぐ斬新なアイデアは一見の価値あり。トム・ティクヴァの将来性を暗示した作品でもあった。

10位 『奇人たちの晩餐会』 (フランス)
不謹慎なテーマもここまでよく練られた脚本ならOK。バカをバカにする者がバカをみる痛快さがたまらない。

次点 『秘密』 (日本)



念願の業界入りした99年。レンタルビデオ店での知識経験は無駄ではないもののやはり趣味と仕事は別物。ただ、以前から決めていたミーハーな3つの願いのひとつである、「シュワちゃんに会う」がいきなり実現。「会う」までいかないまでも至近距離での「見る」を達成。無論宣伝マンでもやれば話はおろか会食も可能だが、記者会見にもぐりこんだことで拝見した生シュワに大感動。まだピュアな時代でした(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。