FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が人生のベスト10~邦画編~

  • 2010/02/28(日) 22:14:17


キネマ旬報でも何度か集計されているオールタイムベスト10を勝手にランキング。 話題作でも観てないものは沢山あるので、完全に偏った結果になってますが。。 それはさておき、素直に我が人生のベスト邦画を10本選んでみました。やっぱり50年代は最高です。

我が人生のベスト10

~邦画編~

(対象内鑑賞数:212本)

第1位 『七人の侍』 (1954年)

七人の侍(劇場ポスター2)

これぞ邦画の頂点。活劇映画の頂点。高校1年の冬、有楽町スバル座でのIntermission付きリバイバル上映で鑑賞。余りの凄さに呆然。菊千代の存在感、見返りを求めない侍魂。この迫力は世界中見渡しても類を見ない。当時、50年代のモノクロ邦画をほとんど観たことがない中、この時代に既にこれだけのモノが和製されていた事に驚愕、そして涙。観終わって数日、脳裏から離れなかった生涯屈指の作品。 

第2位 『近松物語』 (1954年)

近松物語

冒頭からは想像もつかぬまさかの究極愛。冴えない使用人・茂平演じる長谷川一夫の名演と、現代にも通ずる美人女優・香川京子の奥ゆかしさ。死と引き換えに運命の愛を選んだ男女。たった数日間の為にこの世に生まれたふたりの晴れやかな最期に、一生消えないほどの切なさが胸をえぐる。

第3位 『浮雲』 (1955年)

浮雲

こちらはくされ縁の究極愛。物語は不倫のどろ沼に堕ちていく男女を淡々と描いていくのだが、あるとき、これは不倫映画ではないことに気づく。お互いが、この世に生を受けたときから決められた定めを生きる男女の話だと。もはや運命の糸によって離れられない究極のくされ縁。どのシーンも芸術度が高く成瀬巳喜男の美的センスにも脱帽。

 

第4位 『二十四の瞳』 (1954年)

二十四の瞳(リマスターのポスター) 

大石先生のみずみずしさ、子供たちの不器用ながらも実直な演技。こどもたちの純真さがたまらなく胸をつく。この時代を生きていたわけではないのに、不思議と自分の小学生時代を懐かしめる。黒澤や小津、溝口と並ぶ名匠・木下恵介の最高傑作。

第5位 『天空の城ラピュタ』 (1986年)

天空の城ラピュタ 

ジブリ作品のマイベストにしてここ30年の間に製作された邦画作品の頂点。これまた小学生時代を懐かしめる貴重な作品で、映画公開当時タイアップしていた三ツ矢サイダーを頻繁に買いに行った記憶が。冒頭からラストまでの全編を包み込む唯一無二の空気感は、宮崎駿監督を以ってしても二度と再現できないレベルであるように思う。

第6位 『羅生門』 (1950年)

  羅生門2

(執筆中)


第7位 『晩春』 (1949年)

晩春ポスター 

(執筆中)

第8位 『耳をすませば』 (1995年)

耳をすませば 

(執筆中)

第9位 『千と千尋の神隠し』 (2001年)

千と千尋 

(執筆中)

第10位 『王立宇宙軍 オネアミスの翼』 (1987年)

オネアミスの翼 

(執筆中)




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/11/22(木) 03:09:41

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2012/05/03(木) 17:56:06
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2012/11/03(土) 09:07:36
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/01/15(火) 05:15:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。