スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ランキング~2009年

  • 2010/02/13(土) 23:29:15

2009年国内劇場公開作品を対象とした、勝手に映画ランキングTOP10。
(2010年1月作成。鑑賞本数・ランキング・コメントすべて当時のもの。)

2009年 ベスト10  
[対象内鑑賞数:83本]



 1位 『レスラー』 (アメリカ)
レスラー
不器用男の生き様に世界が泣き俺も号泣。マリサ・トメイと共にオマージュを捧げる80's ノスタルジーに陶酔出来るのも本作の魅力。ラスト、満身創痍でラム・ジャムを放たんとするランディの表情がこの作品の全てを物語っている。そして、本作の公開初日(6/13)にプロレスラー三沢光晴が試合中に殉死。本作『レスラー』は、小学生時代からのプロレス・ファンの自分にとって特別な意味を持つ作品となった。



 2位 『つみきのいえ』 (日本)
つみきのいえ
泣きたければ、2時間のピクサー作品を観ずに、たった11分間の本作を観ればよい。絵、物語、音楽、すべてほぼ完璧な一級の芸術品。別枠扱いでも良かったが、アカデミー受賞を受けて劇場公開していたのでランキング対象に。


 3位 『グラン・トリノ』 (アメリカ)
グラン・トリノ
ハリー・キャラハンの最期であり俳優・イーストウッドの勇退にふさわしいラスト。監督として唯一未踏の境地に達したとすら思えるほど。アジア人キャストとアメリカ人の老人だけの映画で興収10億円以上いった事実も凄い。ドラマ作品で興収10億以上を維持する監督はイーストウッドくらい。


 4位 『アバター』 (アメリカ)
まさかの『タイタニック』超えを果たしこの世の映像史の頂点を極めた超大作。とにかく映像の凄さに度肝を抜いた。正直物語には入れ込めなかったものの、そもそもキャメロンはアクション出身と思えば当然の出来栄えなのかも。3Dが飛び出すものだけではない事を世に知らしめた事はこれまた映像史に残る偉業。


 5位 『チェンジリング』 (アメリカ)
『グラン・トリノ』があるにも関わらず連チャンでこのクオリティを繰り出すイーストウッドに脱帽。アンジェリーナの魅力も去ることながら、エンタメ性、アート性、メッセージ性すべて揃った才色兼備な一作。


 6位 『ロルナの祈り』 (ベルギー)
1作ごとに更に高みに昇り詰めていくダルデンヌ兄弟の「赦し」の思想にはただただ感服。数年に一度の新作鑑賞に大満足。


 7位 『戦場でワルツを』 (イスラエル)
重い主題を詩的に見せる手法がすごい。そうやって門戸を広く構えながらも、最後には容赦なき事実を突きつける監督の姿勢に並々ならぬ覚悟を感じた。買付検討試写でえらく感銘を受け、社内を説得しDVD権を買付。


 8位 『沈まぬ太陽』 (日本)
鑑賞後にノベライズを購入した久々の作品。JAL凋落も頷ける、おぞましいまでの企業体質に驚愕。この手の骨太な邦画が少ない昨今貴重な一作。


 9位 『スラムドッグ$ミリオネア』 (イギリス)
期待しすぎたせいか大感動とはいかないものの、高揚感の演出はさすが。こういう作品が脚光を浴びるのは世相の反映なのか。


10位 『マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと』 (アメリカ)
「犬=泣き」の単純な構図とおもいきや、極上の家族ドラマに不覚にも号泣。子を持つ親となった今、余計に評価したくなる作品。


次点 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』 (アメリカ)
映画全体を包み込む幻想的な空気感は匠の成せる業。個々の好みがあるとは言え、結構名作の部類だと思う。




今年、我が子誕生!しかも男女の双子。あまりに愛おしく彼らに勝るものはないが、生まれて半年は3時間以上の連続した睡眠をとった日が数える程しかなく当然ながら映画の鑑賞本数も激減。例年比では大して減っていないが、一昨年前に買付検討で見たものが多く純粋に2009年内に見れたものはけっこう少なかった。生活がガラッと変わる中、5月には6年ぶりのカンヌへ。いまや洋画不況と言われる中、日本人バイヤー数も激減しており、マーケット自体割りと地味な印象だった。ニコラス・ケイジ主演作とスティーヴン・セガール主演作を1本づつコミットしたのみで買付活動も控えめだった。洋画ビジネスが肩身の狭い時代に本格的に突入し、今後の生き方を改めて考えさせられる1年であった。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。