スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間ランキング~2004年

  • 2008/01/28(月) 22:43:46

2004年国内劇場公開作品を対象とした、勝手に映画ランキングTOP10。
(2004年末作成。鑑賞本数は当時のカウント+その後鑑賞したものを上乗せ。当時、ランキングのみだった為すべてコメント追加。)

2004年 ベスト10  
[対象内鑑賞数:本]


 1位 『いま、会いにゆきます』 (日本)
いま会い

この年の1位2位は甲乙つけがたかく接戦。ありえないファンタジーだが、家族3名にのみ焦点を絞り込んだストーリーが、涙を誘う愛おしい物語を醸成した。そして、やはり竹内結子の透明感ある美しさが、この作品最大のポイントであったように思う。



 2位 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』 (アメリカ)
ロードオブザリング王の帰還

これはもう、ひれ伏さずには入られない程の圧倒的にパワフルでダイナミックな超大作。そしてこの壮大な叙事詩を尻すぼみさせることなくむしろ厚みを増させたことは、偉業以外の何物でもない。オスカー最多タイ受賞も納得。2002年からの3年間、春の風物詩的存在であっただけに観終わった後、フロドと同じく旅を終えた気分で何か淋しい気分になってしまった。

 3位 『マッハ!』 (タイ)
マッハ!

現在アクション俳優としても活躍しているアジア映画バイヤーN氏が私に、「俺は今日、とんでもないものを見てしまった・・・」とアクションにはとかくうるさい彼が大絶賛してきたのがこの映画との最初の出会い。その後カンヌの試写で拝見しその言葉通りの尋常ないアクション!ブルース・リー、ジャッキー・チェンに続くアクションスター誕生を予感させた。人間技とは思えぬ跳躍力を見るだけでも一見の価値アリ。世界ビックリ人間の域。

 4位 『シービスケット』 (アメリカ)
他の動物に対しては抱かない特別な感情を、走る馬の姿というのは感じさせてくれる。予定調和な感動実話ではあるものの、派手な演出を押し殺し、透き通るようなストーリーで一気に見せてくれた。心洗われる珠玉の感動作。

 5位 『ラブ・アクチュアリー』 (アメリカ)
男も楽しめるラブストーリーの傑作。いくつものLoveエピソードをわかりやすく、うまいこと絡みあげていくさまは絶妙。ラブコメの定番男ヒュー・グラントが英国首相役で出演しているが、それ以上の存在感を出しているコリン・ファースとローラ・リニーに注目。

 6位 『世界の中心で、愛をさけぶ』 (日本)
えらく号泣してしまった。私だけでなく劇場を出てくる男性客がみな涙腺をおさえて出てくる様は異様な光景だった。興収85億円をはじきだし、当時一世風靡していた純愛モノの頂点を極めた。

 7位 『ロスト・イン・トランスレーション』 (アメリカ)
東京を舞台にアメリカ人同士の大人の恋を描いた秀作。気持ちを抑えたままお互いを知る愛情心理の奥底に、日本人的なわびさびと"引き"の美学を感じた。ソフィア・コッポラは日本人でも最近では描けない微妙な心の間合いを描いてみせた。

 8位 『海猿』 (日本)
スポコンものとしての熱さがたまらなくカッコイイ。「海」が舞台であることと、主人公演じる伊藤英明に暑苦しさを感じさせない(が、ハートはめちゃ熱い)ところが、ヒットの要因ではないか。『トップガン』にも相通じる友情と恋愛の二本立ても良かった。

 9位 『パッション』 (アメリカ)
ジム・カヴィーゼルのキリスト役は見事だった。拷問シーンは余りに酷かったが、「キリスト最期の12時間」というテーマが話題にならないわけがない。当時日本の権利が売れ残ってメル・ギブソン直々にセールス応援していたが、ふたを開ければ国内は13.8億円のヒットに。公開前から知的探究心をギンギン刺激してくれた異色作。

10位 『ラブストーリー』 (韓国)
これぞ泣きの韓流決定版。ソン・イェジンの魅力満載で早くもファンになってしまった。現代シーンの彼氏役が大根役者で鼻についたのが唯一の欠点。

次点 『モンスター』 (アメリカ)



この年の5月、初めての転職で別の映画会社に。DVDの店別日別の需要予測という大そうな仕事に携わることに。いままでとは打って変わって映画色は控えめになり、ここから数年はひたすら数字との格闘となる。前職の叡智を生かして、まずは商品データベースと予測メソッドを開発していった。またこの年、数年前に発売しているTVシリーズ『24 Twenty Four』を初めてきちんと鑑賞しその面白さに驚愕。 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。